銀の翼



新潟県柏崎市/原酒造株式会社

柏崎の海岸で生まれた童謡『浜千鳥』、作詞者の鹿島鳴秋は、大正8年に柏崎を訪れ日本海の海に魅せられてこの詩を書き上げたと言われています。
この『浜千鳥』の一節から、”童心を失わない大人が持つ翼”をイメージし「銀の翼」と名付けられました。
特別本醸造から純米大吟醸まで、すべてにおいてコストパフォーマンスの高いお酒で年々人気も上昇している銘柄です。
特筆すべきは原料米の多彩さにあり、「楽風舞」「たかね錦」「越淡麗」「越神楽」と、全て契約栽培米で仕込まれています。これも米作りのエキスパートを杜氏に抱える、同社ならではの取り組みの一つです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8