銀の翼

銀の翼は童謡『浜千鳥』の作詞者鹿島鳴秋が大正8年に柏崎を訪れ日本海の海に魅せられてこの詩を書き上げた事に由来して命名された販売店限定の日本酒です。
ベースの特別本醸造から純米大吟醸まで、すべてにおいてコストパフォーマンスの高いお酒で年々人気も上昇している銘柄です。
特筆すべきは原料米の多彩さにあり、「楽風舞」「たかね錦」「越淡麗」「越神楽」と、全て契約栽培米で仕込まれ、「にいがたの名工」にも選ばれた現役杜氏2人を有し、切磋琢磨の酒造りを行っています。
また、その一人の石黒杜氏は営農組合の代表を務められて良質な原料米を作り、まさに農業から醸造まで携わっております。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

9