吉乃川眞浩蔵大吟醸 山田錦7年貯蔵千總パッケージ

吉乃川眞浩蔵大吟醸 山田錦7年貯蔵千總パッケージ

販売価格: 50,760円(税込)

在庫あり
数量:

※創業470年記念酒<吉乃川 眞浩蔵大吟醸・山田錦七年貯蔵 千總パッケージ>


新潟県長岡市の株式会社吉乃川は創業470年を迎えることを記念し6月中旬に「眞浩蔵(しんこうぐら) 大吟醸原酒」を数量限定で発売いたします。
株式会社吉乃川、前社長 川上家19代当主故 川上浩司が、蔵に大きな被害をもたらした中越地震後に、これからの吉乃川の酒造りを守り続けるために建造した新蔵「眞浩蔵」。
7年前から大吟醸用の山田錦の購入を止めて新潟県産米だけの使用となり、新潟では栽培が難しいといわれている酒造りの最高品種である山田錦の一等米を使用した最後のお酒です。
県外産の山田錦を使用した最後の仕込みタンクを、ゆっくり静かに7年間眠らせ、今目覚めさせました。7年間の熟成を経た至極の味わいをお楽しみいただけます。
これからの<革新>をイメージし「赤」がテーマカラーです。
吉乃川と深い縁があり、同様に長い歴史を持つ京友禅着物「千總(ちそう)」とコラボレーション商品で、千總デザインのオリジナル風呂敷(正絹)とラベルデザインで、記念酒としての一層のプレミアム感 のある逸品となります。
※470本限定、6月中旬頃の入荷です。




千總(ちそう)は、京都府京都市中京区にある京友禅の老舗。創業者は 千切屋西村与三右衛門。現在の当主は 十五代西村總左衛門。ちそうの名は 千切の「千」と總左衛門の「總」に由来。全国の百貨店・呉服店に販路を持つ。

商品仕様

容量 720ml
製造規格 大吟醸原酒
原料米 山田錦
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 1.2
アルコール度 17
発売時期 2018年6月中旬頃
飲用温度 常温・冷やして
生産者 株式会社吉乃川
その他 470本限定・化粧箱入り・千總風呂敷付き

他の写真

  • 吉乃川眞浩蔵大吟醸・山田錦七年貯蔵パッケージ、他に千總デザイン【千總 風呂敷】が付いた470本限定商品です
  • こちらの商品には赤色の千總デザイン【千總 風呂敷】が付いています。ビン柄の世界観を拡げ、多色で刷ったもので生地は正絹。箱の二段目に縦長で折りたたんで封入されています。
  • 古くより味噌・醤油・日本酒醸造の街として知られる長岡市摂田屋の吉乃川・眞浩蔵、お酒は全て信濃川の伏流水「天下甘露水」によって仕込まれます
吉乃川眞浩蔵大吟醸 山田錦7年貯蔵千總パッケージ

販売価格: 50,760円(税込)

在庫あり
数量:

Facebookコメント