久保田千寿1800ml化粧箱入れ

久保田千寿1800ml化粧箱入れ

販売価格: 2,600円~5,100円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

容量::
数量:
久保田千寿吟醸酒の1800ml化粧箱入りセットです。1800ml1本化粧箱入れ・1800ml2本箱入れの二種類お選び頂けます。

久保田千寿、それはまさに久保田の原点


久保田千寿は、1985年の久保田発売時に最初に誕生した、まさに久保田の原点です。都会に生きる日本人の労働の礎が、肉体労働から知的労働へ移り変わっていく姿を見て「淡麗辛口」を志向。酒造りを根本的に改善し、その当時としては万人向けではない、綺麗であっさりした辛口でありながら、まろやかさを感じさせる味わいを実現しました。
それから35年。時代に合わせて、さらなる“食事と合うすっきりとした味わい”を追求。低温かつ精度の高い発酵経過を心がけ、より雑味の少ないすっきり感を増しました。また、麹の働きを最大限発揮させることで、綺麗ですっきりとした淡麗な味わいはそのままに、味わいの幅も生み出しました。

久保田千寿は食事楽しむ吟醸酒


綺麗ですっきりとした淡麗な味わい、穏やかな香りに仕上げた、いつもの食卓を少し特別にする「食事と楽しむ吟醸酒」。喉をさらっと通るキレの中に、米本来の旨味と酸味とともに、ほのかな余韻や甘味が感じられます。料理の味を邪魔することなく、四季折々の素材が持つ味と香りを引き立てます。
今日も一日の終わりに、「いつもの特別」をお楽しみください。

※商品には「千寿」のシールが貼られます。
2本化粧箱入れは3セット、1本化粧箱入れは6セットまでが一つの梱包となります。


「久保田」化粧箱に描かれている李白の月下独酌


花間一壺酒  独酌無相親  挙杯邀明月  対影成三人 月既不解飲

影徒随我身  暫伴月将影  行樂須及春  我歌月徘徊 我舞影零乱

醒時同交歓  醉后各分散  永結無情遊  相期獏雲漢
 

花の咲き乱れるところに徳利の酒を持ち出したが相伴してくれる者もいない。
そこで杯を挙げて名月を酒の相手として招き、月と私と私の影、これで仲間が三人となった。
だが月は何しろ酒を飲むことを理解できないし、影はひたすら私の身に随うばかりだ。
まあともかくこの春の間、しばらく月と影と一緒に楽しもう。
私が歌えば月は歩きまわり、私が舞えば影はゆらめく。
しらふの時は一緒に楽しみ、酔った後はそれぞれ別れていく。
月と影という、この無情の者と永く親しい交わりをして、遥かな天の川で再会しようと約束するのだ。

商品仕様

容量 1800ml
製造規格 吟醸酒
原料米 五百万石
精米歩合 麹:50% 掛:55%
日本酒度 +5
アルコール度 15
発売時期 通年商品

他の写真

  • 和紙の柔らかな紙膚の中には凄みの無い強さがある。紙も書かれた墨も水に溶けない。しかし溶かしたくて溶かせば溶けるところが実に和紙らしいところだ。久保田のラベルに使用されている門出和紙、小林康生氏談。
  • 久保田専用化粧箱は、酒をこよなく愛し日本の文学にも多大な影響を与えた詩人 李白の歌「月下独酌」を使用しています。※写真は2本入れ化粧箱、金色の「千寿」シールが貼られます。
  • 久保田千寿吟醸酒は2020年にリニューアルされました
久保田千寿1800ml化粧箱入れ

販売価格: 2,600円~5,100円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

容量::
数量:

Facebookコメント