「越の誉 ひや」 本醸造原酒復古ラベル

「越の誉 ひや」 本醸造原酒復古ラベル

販売価格: 1,259円(税込)

在庫あり
数量:
「越の誉 ひや」復古ラベルは昭和3年(1928)清酒「鵜川」という酒名を現在の「越の誉」に変更して、新しい需要や商品開発にも取り組み、燗酒主流の時代に冷やして飲む日本酒の提案として「コールド越の誉」なる冷酒が発売されました。
その当時の「コールド越の誉」のポスターが、80数余年経て「本醸造原酒 ひや」のラベルとして復古販売される事になりました。「越の誉 ひや」 本醸造原酒復古ラベルは、搾ったまま一滴の水も加えていない旨味と独特の風味が特徴で濃醇なコクのあるお酒ですそのまま冷やして、またはグラスに氷を入れロックで、クラブソーダで割っても美味しく頂けますし、手軽な父の日のプレゼントにも最適なお酒で、「火入れ原酒」という厚みのある味わいが夏に冷たく冷やして飲むシーンにマッチしています。

歯切れの良いユーモアと風刺で傑作「東海道中膝栗毛」を著した江戸時代後期の戯作者、十返舎一九は宿場町柏崎に逗留し、瓢宅茶屋にて盛大な酒宴を催したという。三味線の余韻深い戯れの中で、怪しげな月明かりに誘われて、十返舎一九が口元に寄せた酒は、創業200年を迎えた現在の越の誉であったのであろうか…。


商品仕様

容量 720ml
製造規格 本醸造原酒
原料米 五百万石・こしいぶき
精米歩合 65%
日本酒度 +4.5
酸度 1.3
アミノ酸度 1.2
アルコール度 18
発売時期 2018年5月9日
飲用温度 冷して・氷を入れて・炭酸で割って
味のタイプ 濃淳旨口

他の写真

  • コールド越の誉、「冷して召す夏の酒」・原酒造店吟醸ポスター 。リーゼント、ポマード頭の紳士が口元に寄せる冷酒グラスも当時としてはハイカラであった事が伺える。
「越の誉 ひや」 本醸造原酒復古ラベル

販売価格: 1,259円(税込)

在庫あり
数量:

Facebookコメント