久保田雪峰純米大吟醸500ml

久保田雪峰純米大吟醸500ml

販売価格: 3,100円(税別)

在庫あり
数量:

※久保田雪峰純米大吟醸は2019年7月5日発売です


久保田雪峰(せっぽう)は新潟を代表するアウトドアメーカーの「スノーピーク」(新潟県三条市)と、酒造メーカー「朝日酒造」(新潟県長岡市)がコラボした、新しい提案の日本酒です。
「アウトドアで日本酒を楽しむ」ことを目指し、「自然の中で自然を楽しみながら仲間と日本酒を酌み交わして欲しい」、そんなコンセプトから生まれた特別な「久保田」です。
四季の自然の中でゆっくりとお酒をお楽しみ頂く為に、あえて古風な「山廃仕込み」でお酒を造り、山廃酒母による絶妙に調和した懐の深い味わいが特長で、個性的で野趣あふれるアウトドア料理にもバランスよくマッチします。季節やお好みに合わせた温度で楽しむことができ、冷やすとシャープな酸味とキレのある後味が、温めるとまろやかで個性的な香味が際立ちます。
デザインは久保田とスノーピークの共同開発商品ということで、既存のラインアップとは全く異なるインパクトを重視したデザインを採用し、スノーピーク社のコーポレートカラーでもあるブラックで統一されたシャープな佇まいは、久保田の真骨頂である圧倒的なキレを表現しています。






※久保田雪峰純米大吟醸がグッドデザイン賞100に選ばれました


2018年秋に、公益財団法人「日本デザイン振興会」が主催するグッドデザイン賞において、 特に高い評価を得たものに与えられるベスト100に、久保田 雪峰が選ばれました。グッドデザイン賞審査委員によると、「久保田という日本酒界では確固たるイメージを持つブランドの世界観を壊さずに、新たなターゲットに向けた商品を非常に巧みに開発している。コラボレーション先の選択、状況に合わせた500mlという容量の選択もよく考えられており、ボトルそのものも非常に美しく、最低限のデザインと色で仕上げられていると思う」と評価を受けているそうです。また、数々の展示会にて披露されるとの事です。



                   【山廃仕込み?】



日本酒の作り方、生酛(きもと)仕込みの一つで、山廃とは山卸(やまおろし)廃止酛の略語。
山卸とは、精米技術が低かった江戸時代、麹がきちんと働けるように仕込んだ「もろみ」(蒸米・麹・「酛」を仕込んだもの)を櫂を使ってすり潰す工程のこと。精米技術が向上し、この工程を廃止したので山卸廃止酛という。
近年、発酵の過程で雑菌を排除するために、乳酸をあらかじめ加えおいて雑菌を除去し、優良酵母に加えて作った速醸酛を使う方法が開発され、この手法が一般的である。速醸酛を使うと二週間で完成し、山廃仕込みより早く発酵が完了するメリットがあるが、山廃仕込みの場合、発酵完了まで時間が掛かる分、複雑で濃い味わいになる酒が多い。

商品仕様

容量 500ml
製造規格 純米大吟醸酒山廃仕込み
原料米 五百万石/新潟県産米
精米歩合 麹:50% 掛:33%
日本酒度 +2
酸度 1.4
アルコール度 16度
発売時期 2019年7月5日発売します
醸造元 朝日酒造株式会社 / 新潟県長岡市
その他 化粧箱入り

他の写真

  • 「アウトドアで日本酒を愉しむ」という新しいカテゴリーに挑戦、新潟を代表する酒蔵とアウトドアメーカーのコラボレーション!
  • 四季の自然の中でゆっくりとお楽しみいただくための、特別な久保田。仕込み水などに由来する乳酸菌などの微生物の力を最大限に引き出し、優良酵母を育成する環境を整えていく伝統的な醸造手法の山廃仕込みによる重厚な酒質が特長です
  • 個性的で野趣あふれるアウトドア料理にもバランスよくマッチし、季節やお好みに合わせた温度で楽しむことができ、冷やすとシャープで軽快な旨みや酸味が、温めると潜在的に持つ甘みや酸味のまろやかさが際立ちます
久保田雪峰純米大吟醸500ml

販売価格: 3,100円(税別)

在庫あり
数量:

Facebookコメント