鬼山間(青) 特別本醸造無濾過生原酒1800ml

鬼山間(青) 特別本醸造無濾過生原酒1800ml

販売価格: 2,725円(税別)

クール便(冷蔵): 200円がかかります

在庫あり
数量:
※「山間」番外編、鬼山間(赤) 純米無濾過生原酒、4月20日入荷!

ラベルのデザインに「鬼の顔」を用いた一度見たら忘られないインパクと抜群のラベル!
「鬼山間(おにやんま)」には2種類の赤鬼と青鬼ラベルが有ります。 また使用している原料や従来の山間(やんま)とは味わいやコンセプトが全く異なります。
鬼を冠しているだけに日本酒度の数値も高く、辛口でありながらフレッシュな旨みがストレート味わえる一本に仕上がってます
仕込み15号鬼山間(青) 特別本醸造無濾過生原酒は高嶺錦を原料米に使用した、旨味が凝縮したインパクト感のあるお酒に仕上がっています。


創業は大正十一年、上越市浦川原区は全国有数の豪雪地帯の里山の麓の山間に位置します。この山間の棚田で栽培された米と裏山から湧き出る清冽な伏流水と手造りの技で醸される酒として注目を集める新進気鋭の酒蔵です。
蔵の歴史は亀屋酒造として創業し近隣の三蔵と合併、もう一社が加わり、新潟第一酒造として合併蔵として営業しています。
新潟第一酒造では「安らぎと喜びと感動を伝える酒造り」をモットーに、山間の棚田で栽培された地元米で想いを込めて醸し、生産石数は僅かに300石程度、蔵人制を廃止し、四代目で社長兼醸造責任者の武田良則氏を中心に少数精鋭で仕込み作業を行っています。
主銘柄は「中取り」部分を「直詰」した酒が「山間(やんま)」、醪を絞った一番搾りの「荒走り」、最後に搾る「責め」をブレンドした酒が「越の白鳥」となります。
また、仕込んだタンクのお酒はブレンドされる事なく、タンクごとに瓶に詰められて販売されます。

商品仕様

容量 1800ml
製造規格 特別本醸造無濾過生原酒
原料米 高嶺錦
精米歩合 60%
日本酒度 +5.5
アミノ酸度 非公開
アルコール度 19度台
使用酵母 非公開
発売時期 ※2019年4月20日入荷
醸造元 新潟第一酒造株式会社/新潟県上越市

他の写真

  • 酒蔵や設備はお世辞にも最新とはいえないが、どこか昭和の懐かしさを感じる新潟第一酒造酒蔵のエントランス。
  • 安らぎと喜びと感動を伝える酒造り、他の淡麗辛口とは一線をし、ブレンド無しでタンク一本そのまま瓶詰め

  • 新潟第一酒造では「安らぎと喜びと感動を伝える酒造り」をモットーに、生産石数は約三百石。蔵人制を廃止し、四代目で社長兼醸造責任者の武田良則氏を中心として少数精鋭で仕込み作業を行っております。


鬼山間(青) 特別本醸造無濾過生原酒1800ml

販売価格: 2,725円(税別)

クール便(冷蔵): 200円がかかります

在庫あり
数量:

Facebookコメント