銀の翼純米大吟醸雫酒

銀の翼純米大吟醸雫酒

販売価格: 3,240円(税込)

在庫あり
数量:

※2018年4月18日入荷しました


銀の翼純米大吟醸雫酒は、清酒「越の誉」醸造元、原酒造株式会社の限定販売商品「銀の翼」の春季限定酒です。
今年の仕込みから原料米を同社オリジナルの「越神楽」を全量使用して低温でゆっくり醸され、手間の掛かる「雫搾り」の後、マイナス5度の氷温貯蔵熟成を経て1000本限定で出荷される純米大吟醸酒です。
芳醇な大吟醸の香りと「袋吊り」で集められた雫酒ならではのキメの細やかさと純米ならではの美味しさを豊かに表現し、味わいは更に淡麗に仕上がっています。

雫搾り(しずくしぼり)は酒蔵からすれば、手間も時間も掛かるうえ「量はとれない」=「儲からない」なのですが、酒質のみを追求すると自然に滴るし雫搾りに勝るものはありません。
口の中を滑るように流れ込む滑らかさと清流を思わせる透明感のある旨味、後のキレの良さは、雑味を究極に抑えた雫酒ならではの味わいが特徴です。
他所の蔵であれば、このクラスのお酒の販売価格は5,000円以上しますが、広告宣伝費・流通経費をカットしてエンドユーザーのお客様に格安で提供できる事を実現したお酒です。
※クール冷蔵配送をご希望のお客様は クール冷蔵のページからお選びください。




商品仕様

容量 720ml
製造規格 純米大吟醸酒
原料米 契約栽培越神楽
精米歩合 掛米45%・麹米50%
日本酒度 ±0
酸度 1.45
アミノ酸度 1.0
アルコール度 16〜17
発売時期 2018年4月18日の入荷しました
飲用温度 冷やして
醸造元 原酒造株式会社/柏崎市

他の写真

  • 通常であればお酒を搾る作業は圧搾機にてプレスする形で行われますが、銀の翼純米大吟醸雫酒は、お酒の醪(もろみ)を木綿の袋に入れて上から吊るし、自然の圧力で滴り落ちるお酒を集める、時間と手間の掛かる作業を経て瓶詰めされます。
  • 日本酒醸造用酒米「越神楽(こしかぐら)」は、越の誉オリジナルの新品種の酒造好適米です。大吟醸酒の醸造に素晴らしい特性を持ち日本酒にすると、上品な香りと味に幅のあるしっかりとした酒質に仕上がります。
  • 越の誉「和醸蔵」杜氏の石黒芳和杜氏。自身で米作りもしながら矢田営農組合の組合長を兼任する。彼の手により「越神楽」などの酒造好適米の栽培も行われている、米作りと酒造りの達人。
銀の翼純米大吟醸雫酒

販売価格: 3,240円(税込)

在庫あり
数量:

Facebookコメント