越の白鳥

創業は大正十一年、上越市浦川原区は全国有数の豪雪地帯の里山の麓の山間に位置します。この山間の棚田で栽培された米と裏山から湧き出る清冽な伏流水と手造りの技で醸される酒として注目を集める新進気鋭の酒蔵です。
蔵の歴史は亀屋酒造として創業し近隣の三蔵と合併、もう一社が加わり、新潟第一酒造として合併蔵として営業しています。
新潟第一酒造では「安らぎと喜びと感動を伝える酒造り」をモットーに、山間の棚田で栽培された地元米で想いを込めて醸し、生産石数は僅かに300石程度、蔵人制を廃止し、四代目で社長兼醸造責任者の武田良則氏を中心に少数精鋭で仕込み作業を行っています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7