越乃かたふね



合資会社竹田酒造店/新潟県上越市

ここ数年、インターナショナルワインチャレンジ本醸造部門金賞を受賞し、世界基準の味と世界が認めた「越乃かたふね」。
創業は幕末の慶応2年、明治20年頃に浜手の高台から現在の場所に移転し、百数十年の歴史と伝統を誇る幕末発行の酒造家名簿にも明記されています。
「潟舟(かたふね)」は創業の頃よりの名で、砂丘に点在する「潟」と「上小舟津」の「舟」に由来し、超軟水で醸された酒はふっくらと丸みを帯びた甘口ながら、キレイに余韻が流れる正に妙味ともいえる味わいです。
現在は九代目蔵元・竹田典成氏と、東京農業大学卒業のご子息・春毅氏による息の合った酒造りが行われています。
もともと大吟醸・本醸造など醸造用アルコールを添加したお酒の評価が高かったのですが、近年は純米酒・純米吟醸の酒質もアップしており、今後が楽しみな蔵のひとつです。
また、表示はされていませんが生以外のお酒は全て、劣化しにくい「瓶燗火入れ」が行われています。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

11